You are viewing the Japanese site, but your language preference is set to English. Switch to English site →

2要素認証

2要素認証は、一般的に多要素認証と呼ばれ、ログイン時に単純なユーザー名とパスワードを超える認証を要求することにより、SendGridアカウントをより安全に保護することができます。

SendGridは、ユーザーに対して2要素認証が有効である場合、APIコールのBasic認証(ユーザー名とパスワード)は認めないようにしました。現在、2要素認証は、APIキーで認証を行っている場合に限りご利用いただけます。詳しくは、認証をご覧ください。

Twilio SendGridの2要素認証では、携帯電話宛てにAuthy AppまたはSMSメッセージを介して送られたコードを受け入れるよう、設定することができます。2要素認証を有効にするにあたり、Authyアカウントは必要ありませんが、アカウントをお持ちの場合は、Authy AppまたはSMSメッセージのいずれかを使用することができます。

2要素認証の設定

2要素認証を設定する前に、お持ちのアカウントのメールアドレスにアクセスできるかどうかを確認してください。確認には、[Account Details](アカウントの詳細)にアクセスし、[Your Account](アカウント)>[Personal Info](個人情報)の下にあるメールアドレスをご覧ください。

メールアドレスを更新する必要がある場合は、鉛筆のアイコンをクリックしてアクセス可能なメールアドレスに更新し、確認メールを送信します。次に、受信ボックスにメールアドレス変更確認メールが届き、そのなかに記載されたリンクをクリックすると、そのメールアドレスの確認が完了します。

アカウントのメールアドレスへのアクセスが確認できたら、2要素認証使用時の認証方法を、2種類あるなかから選択できます。

  1. Authy Appで認証コードを生成する。 Authy Appでは、携帯電話サービスを利用していない場合にWiFi経由で認証を行うことができます。また、コードをSMSメッセージとして送信することもできます。Authyをお使いの場合は、Authyバックアップ機能を有効にしておくと、アカウントのロックアウトを防ぐことができます。
  2. SendGridで生成され、携帯電話に送られたコードを入力する。

SMSメッセージで認証する場合は、携帯電話サービスの利用が必須です。利用していないと、アカウントにログインできません。

2要素認証の設定方法:

  1. [Settings](設定)から[Two-Factor Authentication](2要素認証)をクリックします。
    このページには、2要素認証の設定概要と、資格のあるユーザー向けにお客様が作成された設定が表示されます。
  2. [Add Two-Factor Authentication](2要素認証の追加)をクリックします。
  3. 認証手段として、Authy Appまたはテキストメッセージ(SMS)のいずれかを選択します。
  4. [country code](国番号)と[phone number](電話番号)****を入力します。

サブユーザーとチームメイトは、それぞれのアカウントにおいて、同じ手順で、2要素認証の設定を行う必要があります。

2要素認証の利用

2要素認証の設定を作成した後は、通常通りログインしてください。認証トークンをテキストメッセージで受け取ることを選択した場合は、テキストメッセージを確認し、届いたコードを入力します。Authy Appを選択した場合は、アプリにアクセスし、生成されたコードを入力します。

一度設定すると、ログインや2要素認証の設定変更など、お客様のSendGridアカウントでセキュリティ制限されたアクションを実行する際には、2要素認証を常に使用する必要があります。プロンプトが表示されたら、デバイスに送信されたか、Authy Appにより生成された、7桁のトークンを入力してください

複数のユーザーの追加

アカウントの複数のユーザーに安全なアクセスを提供するには、チームメイトを追加し、各チームメイトの2要素認証を有効にすることをお勧めします。チームメイトを追加できない場合は、Authyのマルチデバイス機能をご利用ください。

2要素認証の無効化

2要素認証の設定を無効化または削除するには:

  1. [Settings](設定)から[Two-Factor Authentication](2要素認証)をクリックします。
  2. 削除したい設定を探します。
  3. [action menu](アクションメニュー)をクリックし、[Delete](削除)を選択します。
  4. テキストまたはAuthyアプリから受け取った7桁のコードを入力し、[Delete](削除)をクリックします。

2要素認証でロックアウトされたアカウントへのアクセスの回復

2要素認証の結果、アカウントにアクセスができなくなった場合は、Authyサポートチームに連絡してください。

その他のリソース

このページを評価:

サポートが必要ですか?

コーディングに関するご質問、ご不明点等ございましたら、お問い合わせからご連絡いただくか、Stack OverflowのサイトでSendGridタグを検索してください。

フィードバックいただき、ありがとうございました。

フィードバックいただいた理由を選択してください。その他、ご意見をいただければ、今後のドキュメントの改善に役立てさせていただきます。

フィードバックを送信中...
🎉 フィードバックいただき、ありがとうございました。
何らかの問題が発生しました。もう一度試してください。

フィードバックいただき、ありがとうございました。

Twilioを紹介して$10ゲットしてください。次の3ステップです。

ステップ1

リンクの取得

無料の個人用紹介リンクをこちらから取得してください

ステップ2

$10受け取るには

あなたの顧客がサインアップし、リンクからアップグレードすると、プレゼントします

ステップ3

$10ゲット

1,250通の無料SMS
または、1,000分の無料音声通話
または、12,000チャット
そのほか